バイクを持っているが、普段、バイクをお使いでないお客様へ

通勤バイク

最近、電車通勤自粛の影響で、毎日バイクを乗っていないお客様が、家に置いてあったバイクを 通勤のため毎日使い始めているという話を聞きますが、タイヤの空気が減っている、オイル、タイヤ、パッキン、バッテリーなど消耗品の劣化などによる液漏れ、不調、 メンテナンス不足によるエンジン不調で突然持ち込みされる方が増えています。

乗られる前に最低限 各部点検をしてから、乗り始めることを強くお勧めします、事故をおこす危険を意識して乗られてください。

タイヤの空気圧の具合、タイヤの変形、 各部 目視により異常のないことの確認、エンジン始動後、灯火しているヘッドライト、テールランプ目視点検、前後左右のウィンカーの灯火点検、ブレーキレバーによるストップランプ灯火確認、ブレーキ作動確認、メーターなどの作動状況の確認など

以上のことだけでも何かおかしいと感じたら、各々購入されたバイクショップに行く前に必ず連絡して、ご自身のフルネーム、購入したバイク名、いつ頃購入したか、不具合の状況を説明して予約を取ってから、持ち込みをお願いします。部品の交換の必要のある場合ですとバイクショップの在庫、作業スケジュール、部品メーカーの配送スケジュールの影響で日時がかかる場合もありますので、確認をお願いします。